妊活にいいルイボスティー

看護師歴30年。一人の母として正しい妊活の知識を伝えていきます。

もしもステップアップ治療を勧められたら病院変えて下さい。

f:id:ogura-hana-201702:20180528064144j:plain

 

妊活をしている人は考えがちでも、普通、腕のいい医師が勧めない事があります。

 

それは、「ステップアップ治療」

 

ステップアップ治療とは、

 

「タイミング法」 → 「人工受精」 → 「体外受精

 

と、最初は簡単で、かつお金もかからない方法で試して、それがダメだったら、より高度で費用も高い治療法に変えていきましょうというものです。

 

でも、医療に携わる人間から言わせてとらえば、「ステップアップ治療」って言葉、一体誰が広めたんだろうって思うくらいデタラメな考え方です。

 

中には、「ステップアップ治療」を勧めてくる医師がいると聞き、それは危ないなと思って、書かせていただきます。

 

ヒューナーテスト不良ならばタイミング法も人工授精も無意味

一般的に、不妊の問題で産婦人科を訪れた場合、まず初めにヒューナーテストを行います。

 

ヒューナーテストというのは、排卵時期のセックス後の、子宮内での精子の運動状態を調べるというものです。

 

ここで、テストの結果がNGの場合は、タイミング法は無意味です。

 

この場合は、さらに原因を特定し、有効な不妊治療を受けなければなりません。

 

また、ヒューナーテストが良好で、卵管に問題が無いなら、精子が子宮にたどり着く事が出来るということですから、その場合は、人工受精は無意味どころかむしろ害があります。

 

というのは、射精されたばかりの精子には雑菌が多く含まれており、この雑菌は卵管を通っていく間に完全に除菌されるのですが、人工授精の場合、卵子に直接精子をかけるので、自然な除菌が望めません。

 

なので、精子を人工的に除菌するのですが、人工的な除菌は万全が期されるとはいえ、完全に100%とは言い切れなくなります。

 

また、通常は射精されてから数日はある精子の受精期間は、人工的な洗浄により、この期間がうんと短くなるので、女性には排卵誘発剤を使いタイミングを合わせるという処置がとられますが、排卵誘発剤は、卵巣の腫れや水がたまるリスクを伴うものです。

 

 

なので、人工授精は卵管に異常がある場合のみ有効な治療であり、正常な方にとっては、無意味どころか害のある事だという事を認識しておきましょう。

 

そして、ヒューナーテストが良好でも妊娠出来ない場合は、卵巣ではなく、採卵管に問題があるなど、また別の問題があるので、その場合は、それに応じた治療が必要です。

 

結局のところ、妊活には、ステップアップなんてものはなく、その人にあった、一番効果的な方法を最初から選択することが大切だと、声を大にして言いたいです。

 

40歳以上の妊活は時間との闘い。ステップアップなんてしている場合ではありません。

 妊活をするにあたり大切なこと。

 

35歳を過ぎたら時間との勝負。

 

まして、40歳を過ぎているなら、「まずは自然妊娠で」なんてゆうちょな事は言わずに、最初から病院に行き、医師と適正な方法について相談してください。

 

妊娠、出産は、個人差があるのは事実です。

 

20代、30代でも、なかなか妊娠しない方もいる一方、40代でも自然妊娠する方もいらっしゃいます。

 

でも、あくまでも、そういう方もいますよと言う話。

 

大多数の方は、35歳くらいから妊娠しずらくなり、流産の危険性は、飛躍的に高まっていきます。

 

それは、見た目や身体の健康とはまた別のことです。

 

40歳をすぎたら特に、時間との勝負です。

 

迷わず病院に行き、自分にあった妊娠方法を模索していきましょう。

 

ステップアップなんて、もっての他です。

そんな適当なことを言う医師がいたら、お金と時間の無駄ですので、さっさと病院を変えましょう。

 

まとめ

 今回は、妊活における、自分にあった方法を模索することの大切さを書かせていただきました。
 
ただし、妊活は、医者任せにしてもいいというわけではなく、自分で出来ることは自分でやるというのは、大前提です。
 
まずは、タバコ、コーヒーはやめること。
 
その上で、睡眠や、運動にも出来るだけ気を付けましょう。
 
ストレスも妊娠にはよくないので、睡眠や、運動は、ストレスにならない程度にね。
 
それから、飲み物は、お茶の代わりにルイボスティーにしてください。
 
私個人的には、葉酸よりもルイボスティーの方が大事だと思っています。
 
また、ルイボスティーを飲むなら、妊活用を選ぶこと。
 
私が知るなかで、一番SOD様酵素を摂取できるのは、エルバランシアさんの、妊活専用ルイボスティーです。
 
これな、妊活の方の為に、最もSOD様酵素が摂取しやすいようこだわりに、こだわり抜いて、作られています。
 
もし、ルイボスティーを飲むなら、まずは、エルバランシアさんの、ルイボスティーをお試し下さい。

 

公式サイトを見てみる>>>

【妊活専門】高品質のルイボスティーはエルバランシア

 

エルバランシアさんのルイボスティーは、私史上最強です。

 

宮沢りえさん45歳からの妊活に向けて。妊活者を傷つける「子供産めなくても、あなたは素敵だよ。」という言葉。

妊活頑張ってる人に言ってはいけない一言。

妊活頑張ってる人に言ってはいけない一言。

 

ネットの記事で、宮沢りえさんが45歳で妊活を始められたという記事をみつけました。

 

 

本当にパワフルだなぁと。

 

 

と、同時に女性にとって、愛する旦那との子供が出来るかどうかというのはとても大きな事なんですよね。

 

 

やはり、愛すれば愛するほど、産んであげたい。

 

 

そんな気持ちになるものだと思います。

 

 

だからこそ、出来ないとなった時の苦しみはとてつもなく大きいですし、高齢出産をされている方が周りにおられる方は、絶対に言ってほしくない言葉があります。

 

それは、

 

 

「子供産めなくても、あなたは素敵だよ。」

 

 

という言葉。

 

 

こんなに無責任で、妊活者を苦しめる言葉はありません。

 

 

妊活されている方は、欲しくて仕方ないのです。

 

 

そして、「出来ないかもしれない」というプレッシャーの中、頑張っているのです。

 

 

最終的に本人があきらめたのなら、いいと思います。

 

 

でも、妊活を頑張っている人に向けて「できなくてもいい」なんて言わないで欲しい。

 

「あなた何様!?」

 

って思いますね。

 

本当に悲しくなります。

 

それから、妊活を頑張っていいる方は、飲みものはどうされていますか?

 

コーヒー、緑茶は、カフェイン、タンニンが含まれていますので、控えるようにしていますか?

 

もし、どうせ控えるなら、いっそ飲み物ルイボスティーに変えて下さいね。

 

ご存知の方も大かもしれませんが、ルイボスティーは、カフェインゼロ、タンニンもごく微量なので、妊活中はもちろん、何も受け付けられないつわりの最中でも飲みやすいお茶です。

 

また、単に妊活に悪い物質が含まれていないだけでなく、イソフラボンや、SOD様酵素を摂取できるので、今、妊活している人の間ではどんどんと口コミで広がっていますね。

 

ただし、注意が1点。

 

妊活用にルイボスティーを飲むのであれば、必ず妊活用のものを選ぶこと。

 

妊活用以外では、ルイボスの葉ではなく、茎が混ざっていたり、ティーバックになていたりして、これでは肝心のSOD様酵素が摂取出来ません。

 

コストコで販売されているよな安いものや、ペットボトルタイプでは、SOD様酵素はほとんど摂取できまでんので、ご注意くださいね。

 

もし、迷うようなら、私はエルバランシアさんの妊活専用最高品質ルイボスティーがいいと思いますよ。

 

ちなみに煮出しタイプで1パック2リットル抽出できるので、実はコストコやペットボトルタイプのものよりも割安です。

 

公式サイトを見てみる>>>

【妊活専門】高品質のルイボスティーはエルバランシア

 

エルバランシアさんのルイボスティーは、私史上最強です。

 

 

関連記事

もしもステップアップ治療を勧められたら病院変えて下さい。

46歳でもおめでたできた理由とは?

【PR】子宝をもたらす成分を凝縮したサプリメント