読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫の駆け込み寺

不倫関係に甘んじてしまう女性を、一人でも助ける為のブログ。昔不倫にはまって散々苦しみながらも、3回の結婚と1回の出産を経験したイオネコが、若い女性を救済します。

相談事例:彼が離婚の準備を進めてくれているのに。。。

こんばんは。

イオネコです。

 

今回は、不倫に悩む方からの実際の相談内容の回答を致します。

相談内容と回答は、ご本人の許可を得て掲載しております。

 

相談者:やすすさん

年齢:32歳

性別:女性

初めは「好きになった人に現実があっただけ、家庭を壊すような事なく2人の時間が幸せならいい」と、割り切れていて。前の彼の時は、長年の知り合いという事もあり多少聞きたくない家庭内の話も相談も友達のようにできていて、時間をうまく作ってくれて、自分が愛人だと忘れる程とても愛されていました。奥さんとの妊活話が持ち上がり「私は友達付き合いで」と一線を引いて離れました。

今の彼も元々同級生で浮気や不倫などするような人ではないのですが、付き合う前から家庭内別居の状態になっていたようで、友達つてに話は聞いていたのですが1年ほど妻子ある事や自身の私情を1つも話してくれませんでしたが知った所で複雑な気持ちにもなる、あえて聞く事ではないと思い私も見ぬふりしてきました。が、男として人として私の理想そのままの真っすぐな人で、互いに「初めて人を本当に好きになったかも・・・」と思う程好きになってしまい。最近になり「嫌われたくなくて知っている事も解っていて話せなかったけど、もう何一つ隠し事したくないから」と、彼の私情を全て明かされました。現実的に離婚に向けて準備を進めていて離婚が確実になったからこそ、中途半端に別れると言う時
では無く、今のタイミングで話してくれたのだと思います。私にも彼にも不倫の壁は無くなり。距離もかなり近くなりました。
反面、不倫という距離感があったから成り立っていて、その距離感が私には大切だったのではないかと。不倫でなくなりそうな今の幸せと彼を好きになりすぎてしまった自分に、とても戸惑っています。

 

やすすさん、初めまして。
イオネコと申します。

相談いただいた文章を拝見させて頂きますと、やすすさんが、いかに人の事を思い、人を愛せる人かということが、よくわかりますね。

不倫といいましても、やすすさんは元々不倫をするようなタイプではなく、優しさに付け込まれやすいタイプだとお見受けいたします。

だからこそ、男性から言い寄られたり、頼られたりすると、相手の為を思って、たとえ不倫でも受け入れてしまうように思いますが、思い当たる節はありますか?

やすすさん、優しくてなんでも受け入れられるという気質は、女性本来の能力であり、体制や、形を大切にする男性的なもの見方とは対極にあるとも言えます。

つまり、やすすさんは、女性の中でもとりわけ女性らしい方ということが言えます。

一方、やすすさんは、女性として魅力いっぱいにも関わらず、ご自身に対してはあまり自信が無さそうですね。

だって、彼との結婚が現実的になってきたら、本来、喜んでもいいところを、戸惑ってしまっている訳ですから。

やすすさん、あなたは魅力いっぱいで、素敵な女性ですよ。

だかこそ、今その彼が近づいてきている事は、自信を持って受け取ってもいいでしょう。

最後に一つアドバイス
やすすさん、いいたい事(特に嫌な事)は、もっとはっきり言っていいですよ。
それが、やすすさんの自信を高め、もっと素敵な恋愛や結婚ができるようになるでしょう。